ホワイトニング

ひばり歯科診療所画像

歯に自信を持ちませんか

歯が黄色くなっていたり、黒っぽくなっていたり、着色していたりと、ご自身の歯の色にコンプレックスをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
歯に色がついてしまう原因は、食べ物、飲み物、タバコです。カレーライス、ケチャップ、お醤油、コーヒー、紅茶、日本茶。その中でも、赤ワインが最も着色するといわれています。

歯の色の付きやすさについては、実はその人の歯の質が関係しているので、タバコをたくさん吸うヘビースモーカーの方でも、着色しにくい方の歯は真っ白であることもあります。単純に着色だけであれば歯のクリーニングを行うことで綺麗になります。

スケーリング

スケーリング

歯にこびりついてしまった歯石を専用の器具を使って取り除きます。また表面に付着した汚れについてはクリーニング剤を使用して落とし、歯の本来の色を取り戻します。

上記のスケーリングで対応できない歯の黄ばみ(歯の色が変色してしまっている状態)はホワイトニングをお勧めしております。

ホワイトニングの方法

ホワイトニングの方法は、大きくわけて2種類あります。自宅で行うホームホワイトニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニングです。
ホームホワイトニングは、まず歯の型をとります。そして、その人の歯に合わせたマウスピースを作成し、そのマウスピースと専用の薬剤を用いて行うのがホームホワイトニングです。そのマウスピースを1日に1回、約2時間はめ、それを繰り返すことによって歯の白さを実感できるようになります。

オフィスホワイトニングは、歯科医師が専用の機材と薬剤を使用してその場で行うものです。
ホームホワイトニングは効果が出るまで時間はかかりますが、その分効果の持続は長いです。それに対して、オフィスホワイトニングは1回の施術で効果が出る方もいます。
ただ、ホワイトニングをあまりおすすめできない方もいらっしゃいます。それは、妊婦さん、虫歯・歯周病の方、歯並びが極端な方などです。みなさんの体質とライフスタイルにあわせて、適切な方をお選びください。

ホワイトニングの効果

女性の口元

ホワイトニングの効果は、残念ながらそんなに長くは持ちません。一度歯が白くなってからの効果は、その人の体質や使用する薬剤によって異なりますが、約半年間が目安です。ホワイトニングで得た歯の白さを保つためには、定期的にケアをしなければなりません。

ホワイトニングの効果がそんなに長く持たないのには理由があります。それはみなさんの日々の飲食です。ですので、日々の食生活の中で、前述のような歯に色が付きやすいものを避けていただくと、その分歯の白さは長持ちします。

ホワイトニングは歯をより美しくするためのものであって、虫歯や歯周病の予防になるというわけではありません。それにもかかわらず、ホワイトニングで美しい白い歯を手にいれた方は、みなさんとても嬉しそうにして下さいます。自分の歯に自信が持てると、今までの生活にも様々な良い変化が出てくるのではないでしょうか。今よりも少しだけ素敵な自分を目指しませんか?私たちは、みなさんの歯を通じて、みなさんがさらに魅力的な方になるためのお手伝いをさせていただきます。